COMPANY会社概要

ご挨拶

当社は大正時代からの個人企業を合併集約し、昭和30年3月、現在の江田島海運株式会社を設立、以来、設備の拡充、性能の近代化、配船の合理化、技術の向上を以て安全運航に努めて参りました。

平成27年には創立60周年を迎えることができ、今日まで歴史を積み重ねて来られましたことも偏に皆様方の格別のご愛顧お引き立てご指導の賜物と衷心より厚く御礼申し上げます。

今後も皆様より『信頼される江田島海運』としてご愛顧されますように従業員一同、より一層の努力を重ね、海運業界発展の一端に寄与する決意であります。
何卒この上とも関係各位のご厚情を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

代表取締役 冨田英司

会社概要

社名 江田島海運株式会社
所在地
本社
〒734-0013 広島県広島市南区出島1丁⽬33番33号
(TEL)082-254-6111
(FAX)082-255-1344
江⽥島事業所
〒737-2121 広島県江⽥島市江⽥島町⼩⽤2丁⽬1番17号
(TEL)0823-42-1551
(FAX)0823-42-1996
創立 昭和30年3⽉1⽇
代表者 冨⽥ 英司
資本金 6,000万円
事業内容
内航海運業
  • 内航海運業(運A0193)
  • ⼀般曳航作業、⼤型特殊貨物輸送作業
  • 内航船舶貸渡業(中R3299)
港湾タグ業
  • ⼤型船舶接離岸作業
  • 海上警戒防災作業
外航海運業
  • ⼀般曳航作業
  • ⼤型特殊貨物輸送作業
特殊作業
  • 海難救助作業
  • 近海区域も含む⽀援作業
その他
  • ビル賃貸業 他
加入団体
  • ⽇本沿岸曳船海運組合
  • 広島地区海運組合
  • (社)⽇本港湾タグ事業協会
  • 瀬⼾内海タグ協会
  • (社)瀬⼾内海海上安全協会
役員
常務取締役
⼤崎 康治
常務取締役
冨⽥ 秀隆
取締役会⻑
冨⽥ 洋
取締役相談役
冨⽥ 彰
監査役
冨⽥ ⾏雄

沿革

  • 昭和30年3月

    個人船主を合併集約し法人組織に変更。
    江田島町小用に資本金150万円にて江田島海運株式会社設立。
    岡本万太郎が代表取締役に就任。

  • 昭和39年3月

    本社を広島市南区宇品西4丁目へ移転。

  • 昭和39年10月

    山陽丸(1800ps)竣工。

  • 昭和41年10月

    宮島丸(2200ps)竣工。

  • 昭和43年4月

    冨田時行が代表取締役に就任。

  • 昭和45年9月

    広島丸(1500ps)竣工。

  • 昭和47年4月

    早瀬丸(1800ps)竣工。

  • 昭和48年4月

    古鷹丸(2600ps)竣工。

  • 昭和51年2月

    何度かの増資を経て資本金を6000万円に増資、現在に至る。

  • 昭和51年5月

    高須丸(3200ps)竣工。

  • 昭和56年6月

    早鞆丸(2800ps)竣工。

  • 昭和58年1月

    山陽丸(2800ps)竣工。

  • 昭和61年4月

    冨田春人が代表取締役に就任。

  • 平成5年2月

    広島丸(3600ps)竣工。

  • 平成5年4月

    冨田賢二が代表取締役に就任。

  • 平成7年5月

    冨田洋が代表取締役に就任。

  • 平成10年11月

    山陽丸(4200ps)竣工。

  • 平成22年11月

    本社を広島市南区出島1丁目へ移転、現在に至る。

  • 平成25年11月

    古鷹丸(4500ps)竣工。

  • 平成30年1月

    早瀬丸(3600ps)竣工。

  • 平成31年4月

    冨田英司が代表取締役に就任、現在に至る。

お電話でのお問合わせ
082-254-6111
フォームからのお問合わせ
お問い合わせフォーム